amieのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな赤い実 ジューンベリー

<<   作成日時 : 2017/06/04 14:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

我が家のシンボルツリーのような存在のジューンベリーの木
六月に赤い実を付けるのでこの名が付いたようです。
肥料も特にやらず、それでも毎年沢山の実をつけてくれます。
画像


別名、アメリカザイフリボク。在来種のほうはシデザクラ。
ソメイヨシノが散った頃に白い桜に似た花が咲きます。

赤い実は花瓶に挿してもかわいい

毎年ちょうど今頃、小さなさくらんぼのような実が沢山なります。
その頃は毎日沢山の野鳥が飛んできて朝から騒がしいくらいです。

甘いご馳走で、お腹いっぱいになった鳥がフンの落とし物を
我が家の車の上にばらまいて行くので、夫の機嫌がちょっと悪い
画像

何年か前から鳥だけに食べさせておくのはもったいないと
一念発起して採取しジャムにするようになりました。

でも実が1〜1.5センチと小さいので取るのに手間がかかります
その上、自分の予定と天候、実の熟し具合との兼ね合い
なのですべてがぴったりする日はそうは多くないのが困りものです

先日、めったにないすべての条件が揃ったので、朝からジューンベリー摘み
猫の手ならぬ、夫の手も借りて
今年は一回で去年の倍、約1.5キロの収穫です。
去年は収穫時期もあり量が少なくちょっとさびしかった。
画像


でもこれからが大変!
実が小さい上に小さな種が入っているのです
口ざわりを滑らかにするために裏ごしは欠かせません
難行苦行のように台所で立ちっぱなしで数時間
ひたすら裏ごし作業。
画像

でも出来上がりの色の美しさは格別です
あちらこちらにおすそ分けをしました。

<ジューンベリージャム>

@収穫した実を傷んだものや茎を取り除いて水あらいし、ざるに上げ水けをきる
Aなべに@の実を入れてひたひたより少なめの水を加えてやわらかくなるまで煮る
(実から水分が出るので水は少なめに)
B煮あがった実をカネのざるなどで裏ごしをする
C鍋に裏ごししたものにグラニュー糖、レモンのしぼり汁を加え強めの中火で
  煮つめる(焦げないようにゴムべらなどで混ぜながら)
D冷めたら清潔なびんなどに入れる
※砂糖の量は実の甘味によるので何時も軽量せず様子を見ながら足しています



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さな赤い実 ジューンベリー amieのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる